ホーム >最新情報 >Contant-Force Tourbillon(不変な動力陀はずみ車)
Contant-Force Tourbillon(不変な動力陀はずみ車)

陀はずみ車はJourne別の一つのたいへん重視する課題で、陀はずみ車が誕生してから、数百年の歴史の中で埋没(溺れ)させるだけではなくて、かえって今のところ最も複雑な機械の構造の中の一つになって、高級で複雑な時計のシンボルです。Journeは特にこのような複雑な構造が好きで、このを彼のもう一つのにと見なして大いに挑戦して、彼はぜんまいを受けての影響の招く精度の足りない問題までくじくため陀はずみ車を解決するのを望んで、不変な動力の構造は懐中時計の時期すでに存在したけれども、しかし腕時計の上将陀はずみ車と不変な動力で互いに結合しますそれとも難題。Journeは陀はずみ車の内部の構造の上で進歩をして、そして陀はずみ車の以外にひとまとまりの輪列と傍線のリードを増加して、それによって陀はずみ車に達して不変なエネルギーの目的を受け取って出力します。Journeはこの重要な成果を、同じく1並置は海瑞とウィンストンOPUS1に着いた中に入って、このシリーズに最初に発表させた後に、基調を打ち立てました。



前ページ: Résonance(機械の共振が精密な時計算する)
次ページ: カルティエのダイヤモンドの腕時計、ファッションの達人の物