ホーム >最新情報 >BOTTEGA VENETAは2015/2016早春のシリーズの広告の特集を出します
BOTTEGA VENETAは2015/2016早春のシリーズの広告の特集を出します

BOTTEGA VENETAは2015/2016早春のシリーズの広告の特集、RAYMOND MEIER協力する“THEART OF COLLABORATION”の芸術家のアイデアの協力計画を出しますと。

2015/2016早春のシリーズゆったりしている優雅な元素とうれしいのが色を合わせるのを輝点にして、新しい1季の広告の特集の撮影中で、Raymond Meierはこのような感化させる能力を伝達するのが詳しく徹底的です。

Tomas Maierと有名な芸術家の全く新しいのは1季の広告のアイデア協力でニューヨークで構図を決めます。大都市の丈夫な空の果て線が整然としている芝生を切り揃えるのと引き立っておりる、早春のスーパーコピーシリーズ中で明るい青い、ダイダイ色、赤色とピンクのが大胆に組み合わせるのが更に現すモダンです。

撮影の中で、Raymond Meierはシーンがピントを合わせるのをモデルJosephine LeTutourとBen Allenで、はっきりしている理解に頼って鋭いのが力を見通しと完璧に作品が現れます。

個性的な前衛をひとつだけ持っているとして、Raymond Meierの作品は撮影技師を反映してしかも直観的な視角が鋭くて、彼が別種のユーモアの緩和して現実的なのを使うのが冷ややかです。こちらは生まれてスイスの撮影技師が1972年にデビューする、20歳時にチューリヒで自分の仕事部屋を開いて、主に工業と企業の撮影に集中します。その後、彼の仕事の領域は次第に人の像、広告まで(に)延びて、最後に流行する界に足を踏み入れます。1986年、Raymondはニューヨークに引っ越して一心不乱に静物と流行する撮影を研究して、業の内で最も称賛させられた撮影技師の中の一つになります。Raymond Meierは大量は委託の作品を受けていないですでにプラチナ金印相法から彼の現在熱中するデジタルの色に転向して像が形成されます。

Bottega Venetaアイデアの総監督TomasMaier表示:“Raymond Meierのの全面的な視角はと色の独特なのが訴えるのを完璧に現れて今回の早春にシリーズが気楽に掛ける服装の理念を着ることができます。”

Raymond Meierは1人の大衆に参加してBottega Venetaのために広告の特集の有名な芸術家の行列を撮影してことがあって、―JuergenTellerを含みますNobuyoshi Araki、Nan Goldin、Philip Lorcadi Corcia、Pieter Hugo、Peter Lindberghと。これらの芸術家と広告の特集は皆を収録させられます《Bottega Veneta: Art of Collaboration》1本、この全く新しい書籍はRizzoli出版社から出版して、2002/2003秋冬が現れて2015/2016秋冬共に28季の広告の特集に着きます。

2019日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: 巧みで完璧な技巧Excaliburは自動的に鎖のサイドオープンの腕時計に行きます
次ページ: 米度GENTシリーズM016.430.36.061.02腕時計