ホーム >最新情報 >Heure Romantiqueの設計の霊感は正に時期清新で優雅な騒動啓発を受け
Heure Romantiqueの設計の霊感は正に時期清新で優雅な騒動啓発を受け

20世紀初め、ヨーロッパは重大な産業革命を経験しました。このつの力強い革命の旋風の下で、アールヌーボー主義は気運に乗じて生まれます。このは運動して芸術界になって1筋の清風を送って来ます。それは復帰するのが自然なことを提唱して、波浪の線、うず巻形ケーシングの紋様と豊かなあふれる藤のつるの図案を尊重します。芸術の実り多い立体は豊富な装飾を通じて(通って)現れます。その時優雅な風格があって知恵の女性と次から次へとやさしい色調とロマンチシズムの情緒に自分の風采が現れるように選択して使用しました。Heure Romantiqueの設計の霊感は正にこの時期清新で優雅な騒動啓発を受けるでした。18Kプラチナは104粒の円形によく合ってダイヤモンド(再び約2.5カラット)を切断して、真珠のバイモの時計の文字盤の周りが扮して波浪の形の設計図の小屋があります。4つのラインストーンは耳を表して突然現して殻のなめらかな線を表して、殻側を表してもラインストーンの上で連鎖リストの冠が設置されています。霊感を設計して1枚の製造に源を発して1916年のの時にで計算して、この造型は高くフランスのすばらしい年代(BelleEpoque)を象徴します。今回の改めて解釈したのがもっと簡潔で、ただその円形の外観の優雅な精髄だけを保留しました。この魅力の並外れている腕時計は黒色のシルクの腕時計のバンドによく合ってプラチナのラインストーンのぬいあげ式によく合ってボタンを表します。

バセロン・コンスタンチンの芸術の職人達は自分の巧みで完璧な技巧をしたたり落ちる極致まで(に)発揮して、時計の文字盤は第2モデル、殻を表して時計の鎖と皆埋め込みするのにも関わらずを制定しだしてダイヤモンドの貴重な品を切断する円形があります。時計の鎖は殻を表す弧の線形の線設計に続いて、30の三日月形の丁番から構成して、共に264粒の貴重なダイヤモンド(重い約6.3カラット)を象眼します。バセロン・コンスタンチンの芸術の技術の生き生きとしている描写になって、すべてデザインをあけて621粒のダイヤモンドを象眼して、いつも再び約9.7カラット。

Heure Romantiqueはまた(まだ)モデルを長方形がダイヤモンドを切断するのを主なラインストーンにすることを出しました。527粒の貴重なダイヤモンド(いつも再び約17カラット)はまるで1条くねくねと続いてきらめく小渓、計略を際立たせるのが更に優雅で人を魅惑します。

2019日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: 真珠や宝石の象眼する明るい芸術
次ページ: ヴェルサーチ新しいファッション時計シリーズ発売