ホーム >最新情報 >ボーム&メルシエ:クリフトン クロノグラフ コンプリートカレンダー
ボーム&メルシエ:クリフトン クロノグラフ コンプリートカレンダー

2016年のSIHHにおいて、そんなクリフトンに更なるニューモデルが仲間入りします。

クリフトン クロノグラフ コンプリートカレンダーと名付けられたそのニューモデルは、秒、分、時の積算計を持つ3カウンタークロノグラフ、月、日、曜日、そしてムーンフェイズを表示する、その名のとおりのコンプリートカレンダー、さらには表示時刻の午前・午後が一目で確認できる24時間表示までもを備える、多機能なもの。

 

しかしそのアウトプットは時刻表示用の時分針、スモールセコンド針をクローム仕上げ、クロノグラフの3本の各積算針をブルー、さらにはスモールセコンドと同軸配置された24時間針はピンクゴールド仕上げとする等で機能的な色分けが行われており、複雑なアウトプットの視認性を高める工夫が見られます。

 

またポインターデイト針の先端に施されたレッドのポイントは、非常に小さなものとすることで全体のバランスへの配慮がなされているように見えますが、いざ文字盤上を探せばすぐに見つかる程度の明瞭さを持っており、あえて月末の31日のみを赤で表示した文字盤最外周のデイトインデックスとともに、ボーム&メルシエならではの絶妙なさじ加減を感じることができます。

 

また43ミリ径のラウンドケースに細いベゼルを合わせることで文字盤を大きく取ったことで、多機能ながら各インデックスの配置が余裕のあるものとなっており、これがフェイスデザインに大いにプラスに働いている点も見逃せません。

 

43ミリ径のラウンドケースは、緩やかに小径化、薄型化へとトレンドが移り変わってきている現在の時計市場の中では、少々大き過ぎるように見えなくもありませんが、気軽に日常にコンプリケーションの楽しさを加えてくれるこの新作は、多くの機械好きの男性にとって、気になる存在となることでしょう。



前ページ: Chopard(ショパン)を導入薄型蛇年蒔絵腕時計
次ページ: ヘリテージ クロノメトリー クロノグラフ カンティエーム アニュアルカレンダー