ホーム >最新情報 >スーパーコピー時計N級分解したポール・スミスの時計を撮影
スーパーコピー時計N級分解したポール・スミスの時計を撮影

2014年11月22日(土)から2014年1月4日(日)までの間、ポール・スミス スペース ギャラリーにて、写真家のトッド・マクレラン(Todd McLellan)の展覧会「THINGS COME APART」が開催される。

 

カナダ出身のトッド・マクレランが、道端に捨てられたいた使用済みのハードウェアを撮影したことからスタートした「Disassembly(分解)」シリーズ。かつて誰かが所有し、きちんと動き、よくデザインされたタイプライターやコンピュータ、最新のガジェットを分解し、すべてのパーツを規則正しく並べた作品には、視覚的なおもしろさと、アイテムそのものが持つ構造の複雑性に目を奪われる。

 

本展では、「Disassembly(分解)」シリーズを紹介。さらに、ポール・スミス ウォッチ(Paul Smith WATCH)の時計3種類を特別に分解し、撮影した作品も並ぶ。デザイナーのポール・スミスがサイクリングにかける情熱を形にした「サイクル クロノグラフ」、人気ウォッチの2014年モデル「マスターピース 2014」、アイコニック的存在の「ファイナルアイズ クロノグラフ」が新たにトッドの作品に仲間入り。作品となったウォッチは、会場で手に入れることができる。ぜひ足を運んで、精巧なメカニズムの細部を鑑賞してみて。



前ページ: グッチから日本特別デザインの新作ウォッチが登場
次ページ: ブレゲ、銀座の旗艦店をリニューアルオープン - 予約制プライベートサロンも