ホーム >最新情報 >ブレゲ、銀座の旗艦店をリニューアルオープン - 予約制プライベートサロンも
ブレゲ、銀座の旗艦店をリニューアルオープン - 予約制プライベートサロンも

フロアー面積を拡張してオープンするブレゲ ブティック銀座は、スイス時計産業の伝統と革新が一堂に会する世界初のウォッチ・ランドマークビル「ニコラス・G ・ハイエック センター」の3階フロアー全面(約160m²)を占有。

 

内装は、スイスのブレゲ本社監修のもと、“エレガンスと洗練”をテーマに、ブレゲの時計製造の歴史をたたえるモチーフを施したデザイン。ショーケースを囲むガラスウォールの色は銀色仕上げのゴールド文字版からインスピレーションを得ており、彫りの施されたガラス面には、ブレゲの伝統的なギヨシェ模様 “クル・ド・パリ”と呼ばれるホブネイル・パターンが熟練職人の手によって刻まれている。

 

リニューアルしたブレゲ ブティック銀座のもう一つの魅力は、新たに併設するプライベートサロンだ。ヴェルサイユ宮殿の庭園にある離宮の一つであるプチ・トリアノン宮をモチーフとした完全予約制プライベートサロンで、ここではブレゲが誇るハイジュエリーウォッチとハイジュエリーを中心にした商品が展開される。

 

ブレゲを愛したパトロンのひとり、マリー・アントワネット。彼女が好んだ薔薇やリボン、 また彼女がこよなく愛したプチ・トリアノン宮をモチーフにしたコレクションを数多くラインナップしているブレゲは、そんな女性らしいフェミニンなイメージを内装に反映させた。

 

また、リニューアル・オープンを記念し、日本の伝統色のエナメル装飾を施したトゥールビヨン2本(紳士用、婦人用各1本)、クイーン・オブ・ネイプルズ コレクションより、オリジナルカメオを施した時計1本、計3本のユニークピースが販売される。



前ページ: スーパーコピー時計N級分解したポール・スミスの時計を撮影
次ページ: ルイ・ヴィトンのミステリーウォッチが見せる、新たなる道標