ホーム >最新情報 >“多次元のなんじの青”が復古して風情を設計するのを再現します
“多次元のなんじの青”が復古して風情を設計するのを再現します

Oris65年の復刻版の青い潜む水道のメーター――2015年のバーゼルの時計展の上で、オリスはブランド50年前で第1モデルの潜む水道のメーターを原本にしたのにもう1度腕時計を刻むように出しました。この意外な喜びを通じて(通って)見得を切て、オリスの優秀な表を作成する職人は人々が半分を持ち帰った世紀前の復古を金の歳月に流して、更にこの時計に以前を越える信頼できる性能を与えましたモデル。今日、65年に復刻版の腕時計は藍色の姿で再度現れます。ロマンチックで自由な藍色の色調はモデルを表すために1回の奇抜な風情を加えて、前世紀60年代のスポーツの風格追憶しています。

Orisは復刻版は潜水するのは65年に腕時計の青い版の設計の霊感はフランスの有名な観光の聖地の多次元のなんじの砂浜に生まれて、時計の文字盤の中でアースブルーの元素は正に多次元のなんじの砂浜の色に呼応するでした。前世紀60年代、このようなすばらしい“多次元のなんじの青”は一世を風靡しのでことがあって、自動車、ファッションは更には家は設置してすべてその影にわかります。そのため、このOrisは65年に復刻版は60年代の設計のすばらしいの敬意を表しに対してだけではなくて、同時にOris恒久で不変の海の気持ちをあらわします。腕時計の外側のコースの藍色の色調はダイビングの景勝の地に材料を取ります――フランスの多次元のなんじの砂浜の清浄な海水、中央のグレーは波浪の中のかたい暗礁で正にたたずむで、このような特別なバイカラー設計が色を合わせるのスーパーコピーが調和がとれていて、海所の特有なのを際立たせだすのは静かで淡泊です。サファイアの鏡映面も伝統の潜む水道のメーターのアーチ型のため設計させられて、銘刻を背負ってオリスのブランドが復古したのをLOGO表して、同時に腕時計が組み立てて濃厚に昔を懐かしみが思う織物の腕時計のバンドあるいはゴムの腕時計のバンドあって、各所の細部から長い間がたつますます新しい復古の息を配りだします。

Orisは再度65年の復刻版を出して、そして“多次元のなんじの青”を主な色調にして、数年の間を実証してOrisは潜水する腕時計について不変が感情を傾けて情熱を投じて創作します。オリスは65年に復刻版の青い潜水する腕時計は2015年末に世間に現れて、その時1筋でを復古の趣の藍色の風にかなり備えて潜水する愛好者達の冬季が潜んで長い旅路に泳ぎに伴います。

2019日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: ひらめき申年芯耀中華BlancpainブランパンVilleretシリーズ中華怽申年限定モデル隆重登場
次ページ: 积家全力協力ポロイベント目撃Reverso反転シリーズ85年栄光時