ホーム >最新情報 >OCEANUSOCW―G1100の優雅な米型G―SHOCKMTG―G1000は勇猛果敢で洗練されています
OCEANUSOCW―G1100の優雅な米型G―SHOCKMTG―G1000は勇猛果敢で洗練されています

CASIO両ブランドの旗艦の新作

2015年、CASIOはGlobalTimeSyncグリニッジ標準時が精密で必ずシンクロナイズするのを理念にして、所属の両ブランドOCEANUSとG―SHOCKに対してGPS衛星に電磁波を混合してシステムテーブルのモデルを接収するように出して、絶えず革新するブランド精神を維持して、ハイテクと外形設計をこね合わせて、それぞれOCEANUSOCW―G1100とG―SHOCKMTG―G1000の2モデルの旗艦の新作を出して、皆CASIOの独創するGPS衛星を搭載して電磁波の受信側システムを混合して、しかし自動着信の中国、北米、日本、イギリス、ドイツなどの世界6局の標準電波、ガガミラノスーパーコピー腕時計が電磁波の標準の電磁波による信号を接収することができない時、自動的にGPS電磁波による信号を接収して同時に自動的に時間を調整するのを切り替えて、全く室内外の環境に制限するように受けないで、精密に必ず世界各地時間を表示します。

手動で操作する方面に、つける者は気楽にただファンクション・キーの3秒を抑えつけだけなければならなくて、すぐGPS衛星の電磁波による信号を通して所在地の位置と時間の情報を接収することができて、現在の位置の自動分析の標準時区によって、そして自動的に所在地の日光を調整して時間を節約して、独創したのGPSはシステムを演算して、全世界の位置を測定する地図を500mx500mに切断して密集している位置付けを行って判断して、標準時区、日光に時間などの情報を節約してますます精密で正確なことを判断させます。2モデルの腕時計は皆使用量からだの製造する低いニュースを採取してGPSをつぶしてウェハーを接収して、よく合ってつやがある発電効率のまた上がる光を遮る分散型太陽エネルギーのパネルを受けて、低いニュースつぶす電磁波と接収して互いに補正して、効果的に腕時計の電気消費量を下げます。それ以外に、グリニッジ標準時に切り替えるのが更に迅速にならせるため、特に新しく開発するチップを双成コイル設計に加入して、グリニッジ標準時のポインターの運営するスピードを高めます。

日系の精致な技術を維持して、OCEANUSOCW―G1100とG―SHOCKMTG―G1000の2モデルの旗艦の新作は全てCASIOトップクラスの腕時計生産してから、日本の山形(Yamagata)の工場の行列式で組み立ててなって、組み合わせの自分で研究開発するToughMovementチップ、直覚式操作SmartAccess電子式は冠を表して、およびにぶつかるため破損しているの、くねくねしているの情況のもう1度適当なのが発生して位置をずらすあるいは構造を象眼するのを下げることができて、それ以外に、チップの内で独特な算法を建てて、腕時計自分で毎時間55分00秒の測定の時、分ける、秒針の位置、ポインターが位置をずらす時、ポインターごとにでも自動校正は正しい位置に着きます。



前ページ: 伯爵Art&ExcellenceシリーズAltiplano針金をつけるエナメルの生まれ年のサルは表します
次ページ: フィリップは腕時計の中に有名なブランド、人気の王