ホーム >最新情報 >ロンジン「医師時計」のスケールも複雑に見える
ロンジン「医師時計」のスケールも複雑に見える

ロンジン「医師スーパーコピー腕時計」を踏襲ロンジン1963年生産の1項のクロノメーター、原作は当時の主な用途では医療のカウントダウンのため、この枚復型どおりつまりは特に専門。


ロンジン「医師腕時計」のスケールも複雑に見える、2組の目盛、ロンジンそれぞれ赤と靑の表記。この2組の目盛りは心拍数と呼吸率を測量する、赤色は心拍数、藍色代表呼吸率、度盛り尺の上に、それぞれ英文の表記がある。はっきりと区別する。同スケールの過程を使うのもとても便利で、わずか起動中央クロノ秒針、待さんじゅう度脈拍後、針が目指す赤い目盛りは心拍数をご回呼吸後にすぐによって指針が指した靑い目盛読み取り呼吸率。



前ページ: 高級腕時計市場での大穴――モンブラン
次ページ: ブルガリBVLGARI発売2015 Serpenti中国初回限定版の腕時計