ホーム >最新情報 >どのように皮のバンドを洗いますか?ベルトの洗浄
どのように皮のバンドを洗いますか?ベルトの洗浄

ありふれたベルト材質は非常に多くて、一般に分けることができますワニ皮、トカゲの皮、ダチョウの皮、サメ皮と小牛皮など、どの1種の素材も配戴久臭みので、確かに洗浄を維持する乾燥はベルトの保養の最上の方法。


もしただはバンドはすぐには布をぬぐい、もしもほこりも布を払うべきで(湿布ならば、クリア後ふいて)。また、長時間が太陽に照射されてもバンドが変質し、注意も必要なところです。


ブラシは少し石鹸水をつけて、急速に汚れを洗うところ、また微濡れの布で拭くことができます。石けんの水の浸透を避けるために、全体過程は20秒以内に完成することができます。また、革油には、革油には、ベルトには保護効果があり、メンテナンス作業が完全に完全に。


バンド配戴久を除いて生じるニオイのほか、「硬化」もよく見られる症状。もしバンドよくは湿った環境の中で加速するその硬化速度、汗も侵食皮質、バンド変形、硬化甚だしきに至っては断裂、訳も分からずに腕時計の紛失や打撲傷。だから普段は普段からメンテナンスの外、バンド硬化時には曲折に行かないで、タイムリーにバンドを交換することは絶対必要です。


皮のバンドのバンドの3ヶ月ごとに洗剤で拭くことを使うことについて。表面からはどう見てベルト表悪い:良いいくつかのバンド、普通は2縁線で縫製、低級でいくつかの基本は接着剤でつけ合、バンド水にぬれると开胶やすい。割れ开胶のバンドに直ちに交換。

2019日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: 上海の札の時計はどのように電池寿命を延長しますか?
次ページ: 張バーゼル大問答寒い公子表展「新しい愛人」全突出