ホーム >最新情報 >ひとつはトランスパレントバックにパワーリザーブ表示を搭載
ひとつはトランスパレントバックにパワーリザーブ表示を搭載

去るジュネーブサロンにおいても、積極的な新商品の展開を披露したパネライですが、早くも更なる新作を市場投入して来ました。


今回登場したのは、同社にしては若干小振りな42ミリ径の1950ケースに、自動巻、72時間パワーリザーブのインハウスムーブメント、Cal. P.9000系を搭載した2機種。
ひとつはトランスパレントバックにパワーリザーブ表示を搭載したPAM00535、もうひとつは文字盤側にパワーリザーブ表示を搭載したPAM00537です。


何故かこれら2つのモデルの中間のリファレンス、PAM00536が現在のところ欠番となっており、気になるところですが、これは今後のお楽しみと言う事で、ここでは根拠の無い憶測は止めておきましょう。


パネライ:ルミノール 1590 3デイズ GMT パワーリザーブ オートマチック アッチャイオ


これら2つの新作は、44ミリ径の人気モデル、PAM00320とPAM00321の42ミリ版と取る事も出来ますが、新作では文字盤にクル・ド・パリ装飾を追加しており、サイズダウンしたケースが持つ程良い凝縮感と相まって、44ミリモデルとはまた違った魅力をこれらのモデルに与えている点は、非常にパネライらしいと言えるでしょう。



前ページ: 華潤・万クヌギ府二大と手を組むのroseonly最大永生バラセット
次ページ: パネライ:ルミノール・ブラックシール & ルミノール・デイライト セット PAM00785