ホーム >最新情報 >貴金属や鉄や真鍮などではない、いわゆる「新素材」を使用することは
貴金属や鉄や真鍮などではない、いわゆる「新素材」を使用することは

貴金属や鉄や真鍮などではない、いわゆる「新素材」を使用することは、今では時計界でのひとつのスタイルになっている。機械式時計の機構の基本は200年以上も前に確立したものだ。だからそうした新素材の使用というのは、機械式時計の「新しい一歩」ということもできるのである。これらは、今年、新素材を採用して登場した新モデルたちだ。時代の先端を歩み続ける『GQ』読者の男性にとっては、これらは最良の選択となる時計になるのではないか。


キング・パワー オーシャノグラフィック4000 カーボン
「フュージョン」をブランド哲学とするウブロは「異素材使い」の元祖。このダイバースは、そんな技術を駆使し機械式時計の世界最深記録となる4,000m防水を実現。世界500本限定。

自動巻き、カーボンケース×ラバー+アリゲーターストラップ。¥2,331,000〈HUBLOT/ウブロジャパン tel.03-3434-3002〉

 

2019日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: 2駆のウラカンに魂が咆哮する ──最高のドライバーズ・ハイ
次ページ: マンチェスター・ユナイテッドとブローバがグローバル パートーナーシップ締結