ホーム >最新情報 >音楽関係者!?と思わせる 「ageHa × TOO LATE ラバーウォッチ」
音楽関係者!?と思わせる 「ageHa × TOO LATE ラバーウォッチ」

10周年をむかえる「ageHa」が、その特別企画として「アゲハが選ぶ、10ブランドコラボレーション」と題し、ファッションを中心に人気ブランド10社とコラボレーションした各種アイテムを発表したのだ。


ちなみに10周年で「ageHa」がコラボレーションに選んだブランドは、TOO LATE(トゥーレイト)をはじめ、American Apparel、BEAMS、Dickies、Manhattan Portage、New Era®、Pioneer DJ、SABRE、SLY、DIM MAKの10社。 このコラボレーションを通じ、ミュージック、ファッション、アートといった欠かせないカル チャー・スタイルを提案していく。


イタリアのデザイナー、Ale Fogazziにより2008年に誕生し、ニューヨークのMOMAミュージアムストアにより発掘され、世界的人気ブランドとなったTOO LATEの代名詞といえるライン、DIGITALウォッチシリーズだ。


ご覧のようにカラーバリエーションが豊富でPOPなラバーウォッチに、まるで「ageHa」のVIPや関係者のリストバンドのようなデザインが目を引く。


蛍光色が目をひくACIDライン、暗闇で光るAURORAシリーズなど多種多様なラインナップ。しかも思わず手にとりたくなるようなかわいいビンに入っているので、ぜひイベントに遊びに行くときに、仲間に気軽にプレゼントしてみてはいかがだろう? 11月10日より来年のゴールデンウィークまで販売。



前ページ: 日本橋三越本店で「ラルフ ローレン 867 ウォッチ コレクション」
次ページ: コアジュエルスを支える、こだわりのモノづくり