ホーム >最新情報 >不思議カルティエを制造してあげRotondeのチーター装飾腕時計
不思議カルティエを制造してあげRotondeのチーター装飾腕時計

金属の粒工芸で作り上げ、あげd」シリーズ高級スーパーコピー腕時計令アートこのことにまでさかのぼっ紀元前3千年上半期の古くて貴重な手芸、新しい姿を見せて。この仕事は極度の復雑で、細工が巧みで装飾工芸はエトルリア文明(Etrurie)の初の千年その最盛期を迎え、その代表作は世界的に有名な「伊魯特里亚金属珠粒」(granulation etrusque)を飾るの古代の器物。


金属の粒の粒の工芸、切断して良い黄金の細い線は高温で加熱することを包むことで、微小な粒粒、全体過程は黄金の“種の粒を種まきのです」。そして、また、それらの黄金珠粒一粒一粒を入れる飾る部位、そしてとゴールド?台座を融合して、それによって生まれ動立体の浮き雕り模様。


その成果は、魅力、光を放つチーターのチーターが文字盤に浮かんだ。証人を数千年の古い技術、この頭のチーターが無視して時間が経つと、このカルティエ乗せて今から守る工芸虎の巻。



前ページ: ラング1815カウントダウンの専売店スペシャルモデル414.026、簡単な紹介
次ページ: 手作りの伝奇独立製表マスターの機械腕時計