ホーム >最新情報 >バスティアン・ベイカー訪れオメガの家
バスティアン・ベイカー訪れオメガの家

1848年、有名なスイス時計ブランドオメガ(OMEGA)の間でスイス小さな工房に開いたそれの伝奇の旅。時は移り、168年後、Rio伊パ内瑪ビーチ(Ipanemaピーチ)で、オメガ祝うブランドはその第27回オリンピックカウントダウンを正式の栄光。

火曜日の遅い「スイス、こんにちは!」活力のあるパーティはオメガの家にまたひとつ特別な時間をもたらして、同時にオメガはその豊富なサマリーの文化と非凡な製表の技術の故郷――スイスの誠実に敬意を表して。


オメガコピーの家はRio城中に人気の集まり名所となっており、その夜ここに再び活力があふれる情熱の夜が、また。テーマに合わせ、オメガの家は新しい、どこにもスイス風情を満ち溢れている。赤色のハレーションに包まれ、室内では、花や飾りなど、鮮やかなスイスのテーマが。もちろん、かぐわしいのチョコはもちろん、完全なスイスのテーマ・パーティ。そのため、車カゴ満載のスイスチョコがメイン会場の舞台に置かれ、賓客たちは舌先としたスウィートな甘い体験をしていた。さらにサプライズは、夜オメガ名人大使バスティアン・ベイカー(Bastian Baker)も登場、賓客に捧げスイスからの素晴らしい音楽。



前ページ: タイガー豪雅は「ICC国際チャンピオンカップ中国戦」公式タイマー時計
次ページ: 分かち合うデザイン情熱:モンブランBMW特別シリーズ発売