ホーム >最新情報 >W&W展――モンブラン絶え間がII腕時計
W&W展――モンブラン絶え間がII腕時計

2014年「時計と奇跡」のサロンは香港で始まった、今回の表展ではブランドがすべて新しい時計が登場した。も、それが発売されたモンブラン絶え間がII腕時計、この時計はモンブラン維ライエル自主製造工房今発売の最も復雑な表つで表現して、新しいデザインの魅力。

2010年ジュネーヴの時計サロンで初登場、当時はコンセプトとして正式に発売され、4年の研究開発が正式に発表された。そのムーブメントが746個の部品を持つうえ、数々の特許。幕の簾式多機能文字盤表示はそれの最大の特色、この設計用の新しい視点から通常時間デモの変化、そしてたった一つムーブメントは完成したこの過程は、より感動モンブラン時計職人の能力。

このスーパーコピーロレックス腕時計は機械的な味が濃厚で、また正装の腕時計の息があるので、時間機能が隠れている状態にあるため、普段から1枚の図示人。滑り開時計左側の押しボタンを完成盤面転換の機能、まるで窓を開けた。この転換の過程の中でたぶんかかる5 sの時間、ムーブメントの大部分の部品も完成度が見事な「絶え間」。

そのムーブメントは、746パーツから構成して、その中で当たり494パーツ「絶え間が」機能の転換は、伝統的なタブ技術の転換。ただし、限定版は18枚しか発行されているが、一枚ずつと時間が変化する経典の作。



前ページ: 卓越したアイデアと独自技術、リチャードMille
次ページ: W&W展――パネライの新しいムーブメントの腕時計