ホーム >最新情報 >W&W展――パネライの新しいムーブメントの腕時計
W&W展――パネライの新しいムーブメントの腕時計

2014年「時計と奇跡」のサロンは香港で始まった、今回の表展ではブランドがすべて新しい時計が登場した。出展ブランドとしての自然も見逃さない自己アピールの機会で、第2回のW&W展で、それが発売された最新のムーブメントをP.4000。この枚発売の第じゅうはちムーブメントはオフィチーネ・パネライ枚新しいムーブメントと信じて、新しいムーブメントで枚を見展覧の表友たちに深い印象を殘して。

発表新しいムーブメントを必要として自然に新たなキャリアが現れて、572 / 573はこの枚搭載ムーブメントの新式腕時計、パネライコピーも希望で双子の星に来て輝くW&W展。この指一番新しいムーブメントP.4000はオフィチーネ・パネライ第1枚、オフセット振り子陀の自動的にムーブメントが、実はみんなよく言うミニ陀/真珠陀、動力72時間に及ぶ。こうした振り子陀のメリットは、全体のムーブメントより淺はわずか3 . 95 mmの薄型の厚さというケースが薄くて、RADIOMIR 1940シリーズが正装時計の素質。そのP.4000ムーブメントを二つの項、第一種表金を搭載し、その板を採用し、砂の縞模様を刻むレベル、摆轮材質はタングステン合金、そのつや消し表面浮き彫りを飾る。第2種は搭載し红金表モデルを採用し、その桥板円形スクラブ紋、メッキ刻まれ図案、振り子陀をから金を採用し、パリ釘紋、スクラブ表面研磨レリーフを飾り。

この2つの時計実はいくつか続いたの前に512 / 513のデザインは、簡潔を極め、シェル型爪に先まで似るから、あまりなじみの感じは同じモデル。実はそれら見た目も少し違った、違いはそれらのきゅう、く点の位置だけでなく、572 / 573小秒盤も数字の標的きゅう、く時、512 / 513は小さな秒盤。もう一つの違いはろく点の位置は、572 / 573使用の最新のP.4000自動的にムーブメントなので、ろく時位のところにAUTOMATICの文字が、それらは代表の内部のムーブメント自動ムーブメント512 / 513使ったのはP.999手動でチェーンムーブメント。

2019日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: W&W展――モンブラン絶え間がII腕時計
次ページ: ラングマークの作で、1セット限定発売記念時計ににじゅう