ホーム >最新情報 >時計の製品Swiss madeラベルを一層強化する
時計の製品Swiss madeラベルを一層強化する

時計の価値に従って少なくとも60%にならないでスイス創造、および技術の研究開発を行うなければならなくて、スイスなど規定を発表で時計製品Swiss made(スイス製造)を一層強化するラベル。これはこの法案制定過程の中で最も肝心な1歩にだけでなく、さらに統合はSwiss madeラベルの力を信じ、消費者とスイス工業界も恩恵を受ける。

スイスパネライコピー時計工業連合会(F E d E ration de l」Industrie HorlogèレウォンSuisse、略称FH)2014年じゅうに月じゅうななじゅうしち日に開かれた総会で制定された一連の原則にSwiss made法令改正(Swiss made関係法令1971年に初めて発売、規定をどのような時計で「Swiss made字句の法令)。現在使用できる「Swiss”字句の時計は3項の規定に合緻する、つまりスイス製造ムーブメントを搭載、はメーカースイス組立及び品質検査を行う。この数項の改正案は、このいくつかの規定に基づいて、その上に追加されている場合は、その技術開発も、スイスでは、技術研究開発も、スイスでは、技術研究開発も、では、技術研究開発も、スイス。

まず、規範化には60 %の割合が合理的で、同時に不可欠なものではありません。スイス時計工業連合会の積極的な参加ブランド法案(スイス特性法案、すなわちSwissness)の改正規定活動、これらの製品の中で少なくとも60%ではなく、50%の価値スイス国内発生しなければならない。2013年ろく月議会を通じてこの法案は、Swiss made法令を対応しなければならない。そもそも機械類製品の80 %比率規定の提案が採択されていませ。連邦行政機構は、この提案には、スイスを含む国際公約規定の内容と考えている。でも、スイス時計工業連合会による既存の公約に希望Swiss madeラベルを強化。

次に、スイスの時計は、技術、外観、設計、サンプルなどが本当に腕時計の特徴を与える各種の一環として判断する。その中製品の産地は製品の特色と性格の重要な要素を構成するのです。だからSwiss madeの新規定では、技術開発、特に設計及びサンプル制作—スイスをしなければならないだけでなく、従うために商標法の新しい要求で、同時に同じく表示Swiss madeラベルの製品がよりふさわしい。

また、スイス時計工業連合会2007年すでに一項の改正法案を通して、しかし2013年までろく月議会完成スイス特性(Swissness)法案に始まりSwiss made法令の改正。スイスの特性法案に関する法令は、2015年末に連邦委員会を通じて、2017年1月1日に正式に出発する予定です。



前ページ: スイスの時計業は最も衝撃に直面する
次ページ: ジュネーヴ:時の芯――スイス製表文化の源