ホーム >最新情報 >探究、あなたは知らない夜光の腕時計の小さい秘密
探究、あなたは知らない夜光の腕時計の小さい秘密

ロレックスコピーで新型DEEPSEA潜水表に使用した革新的なChromalight夜光によると、有効アップ解像度、靑い夜光表示時間は一般夜光物質の2倍。

一番早くの夜光材料は硫化亜鉛を使うことです。硫化亜鉛自体が発光しない、ただ、燐光特性、つまり、日光や光照射後を刺激し続けて一定時間の光。でも、硫化亜鉛の減衰速度は速く、暗い中には光がない。この硫化亜鉛は無放射に危害を及ぼしている。1898年、キュリー夫人は放射能ラジウムのラジウムを発見した。当時の人々を発見して、もしラジウムや硫化亜鉛を混合して、そんなに硫化亜鉛は光って、いらない日光や照明も励起。この「時代」の夜光材料が急速に普及するという。1930年代から、時計には夜光の基本はすべてこの材料です。ラジウムを夜光材料として使うなら、それは人体に有害である。


認識度高いパネライ時計は夜光の材料の使用に多くの特許を持つ、この項をLUMINOR 1950さんACCIAIO DAYS

1949年オフィチーネ・パネライ特許を申請したLuminor夜光技術、この夜光から氚この材料を利用して、それも放射性元素。にしても発光材料に人体に害がラジウムより、しかし装着腕時計の時やはり受けてごく微量の放射線の害。時計を取る時、直接放射線はない。それはなぜ「夜寝る時には夜光の時計」の源として流れている。年に90年代までずっと90年代まで使っていた。http://www.myosakashop.com/hkbrand/brand_16_1.html


現在は、ポルは、現在では、これを使用する。の内壁はガラス管の内壁に薄い硫化亜鉛を塗って、管内には。チューブ中の、ガスが硫化亜鉛を持続させ、20年も続いているという夜光は20年も続いている。また、ガラス管内に充填さを塗りつぶしてもストレスが大きく、発光輝度が大きいという。もちろんこの技術も放射線だが、「量を捨てて被害をしているのはならず者だ」。実際、は、の元素の放射線を励起して非常に小さい、非常に小さい。その線さえサファイア表鏡難い透過にしても、氚気管破裂、氚が漏れに人体に害も論にも杙にもかからぬ。



前ページ: 機械の腕時計入門手引き、見たいのは急いで来たいです。
次ページ: 温室育ちのバンド、お手入れ方法