ホーム >最新情報 >バセロンコンスタンチンブランド、開催「手芸の印」を展示
バセロンコンスタンチンブランド、開催「手芸の印」を展示

このイベントの初心を裏付けるため芸術現代手芸の特性とそのは展望未来に創意、社会や経済分野での役割。

バセロンコンスタンチン追求すばらしい腕前を含む表現の人文の価値を賛助展示や育成推進芸術手芸中身の富や、新たな職業を鼓舞する。

国際レベルで、努力しているこれらのスキルを宣伝バセロンコンスタンチン。イタリアで、バセロンコンスタンチンとコナンロニー芸術手芸基金(Fondazione CologniデイMestieri d」アルテ)と協力し、スポンサー第21回ミラノトリエンナーレの中の「新技術(New Craft)」の展示。グローバルアートとデザイン研究推進分野の先駆け活動、国際的な展覧のテーマは「21世纪:設計後の設計」展示時間をよんしよ月に日からきゅう、く月じゅうに日。月からよんしよいち日からさん日、公衆は城の中では多くのアートスタジオで鑑賞創意細工師たちの演技。

つきましてはスイス、よんしよ月じゅうご日からじゅうななじゅうしち日、バセロンコンスタンチンまで沃州(CantonsオブVaud)、汝拉州(Jura)、纳沙泰尔州(Neuchatel)やジュネーヴ(Geneva)の4地でのイベントはスポンサー提供。ヨーロッパ芸術手工業開放日開催時はジュネーヴ開放日活動、共有ごじゅうの多くの機関や職人工房に参加する。今年、バセロンコンスタンチンは幸いでジュネーヴ芸術と歴史博物館(ザGenevaミュージアムオブアートandヒストリー)の展覧会を活写し芸術と物質との微妙な関係を反映し、芸術や手芸の精神。



前ページ: タイガー豪雅ブランド、翼賛的Cロナウド更に革新的な伝奇
次ページ: ジロー撮影展シリーズの腕時計――ドレスデンのアンデルセン