ホーム >最新情報 >Panerai(パネライ)スイスNeuchatel新工場の操業を始めて
Panerai(パネライ)スイスNeuchatel新工場の操業を始めて

はスイスNeuchatelのタブ工房落成十年後、Officine Panerai(オフィチーネ・パネライ)で発表し、新しい工場はから使われ、同ブランド腕時計とムーブメントの開発、生産と組み立て作業のすべての活動に転送される新工場。新工場Neuchaを眺めて、新しい生産施設は2013年の年末Pierre -を全て投入- Bot運営。それの建設を更に改善してその源はフィレンツェのブランドとして世界をリードする高品質の運動時計メーカーの進展。

新しい工場は数量と品質の2つの方面で生産過程を優良化する過程を優良化する。Officine Panerai(オフィチーネ・パネライ)は発展の開発、製造、組み立てと品質管理段階別の生産基地。それぞれの段階は一箇所に集める(明らかにここで少しもっと大きい)は、生産の面ではいくつかの利益により高い生産能力、生産の各段階の大きな独立性、より良い品質の制御。

Panerai(パネライ)新工場敷地いちまん平方メートル、雇用従業員に290人、現在よりはNeuchatelの時計工場の160人の従業員が多く130名。生産ラインを配備しては最新の技術、新工場はPanerai(オフィチーネ・パネライ時計など)のモジュールは、ムーブメントとケースの原型のデザイン、生産、組立と厳しい品質管理に関する空間-は時計師とその非常に熟練した同僚が完成。

新しいビル内には大きな空間デザイン、コンテンツを専門に、すべての研究と開発活動、長年ブランドの革新力ずっと遅れ、この状況は改善。材料の研究は、新しいムーブメントの研究やデザイン、製品品質と創造性の改善は、その歴史と軍事のブランドが起源で絶えず自分を越えての標準の基本的な要件を満たすために過酷な取引先の要求。

Officine Panerai(パネライコピー)のCEOのAngelo Bonatiと言ったのは、「1997年からの偉大な冒険を創立したPanerai(パネライ)のブランドの未来発展して永久の基礎」。

Officine Panerai(オフィチーネ・パネライ)の新工場を丹念に統合リサイクル技術や資源の循環利用し、排出削減と生態の持続可能な発展の政策、従業員の二酸化炭素排出ゼロの環境を創造する。



前ページ: Blancpain(ブランパン)メンズ腕時計、傾情贈り物父の日
次ページ: Chronoswiss(瑞宝時計)易主参加バーゼルジュエリー時計展