ホーム >最新情報 >スイスオーデマピゲ時計130週年、再現な気風
スイスオーデマピゲ時計130週年、再現な気風

スイス著名なブランドオーデマピゲ表ずっと多くの時計の愛好者とコレクター来店。今回は、特にオーデマピゲ表をもたらした自慢の130の高価な時計を鳴らして祝って、創立130週年、展示会に分けて3つの地域に披露ロイヤルオークシリーズ、女装シリーズと経典シリーズは、これは初めて全シリーズオーデマピゲ表を見せ、北京でお客様の腕時計。

この展示会では、北京の時計ファンまで鑑賞する一連のロイヤルオーク腕時計、例えば適用の極限スポーツのRoyalOakoffshoreロイヤルオークオフショア型腕時計。2002年、ちょうどロイヤルオークシリーズ登場さんじゅう週年には、新しい発売オーデマピゲ表ロイヤルオーク概念表となり、新世代のスタイルを腕時計のリードの作。2005年、スイスジュネーヴ高級時計展(SIHH)に、再びオーデマピゲ表をロイヤルオーク腕時計シリーズを新手、配備自制Cal.3210ムーブメントの新しい自動的に腕時計を設け、カレンダー表示と中央秒針などの機能。また1項はロイヤルオークオフショア型AlinghiPolarisクロノ腕時計の帆船チームの選手と帆船運動のファンオーダーメイドのタイマー、それは飛返機能の新しい精密クロノ腕時計を配置してもっぱらヨット競技してデザインのカウントダウン装備。

オーデマピゲ表を全世界に最も崇高な敬意表現尊いの女性、特に呈上新しいさんジュエリー腕時計シリーズは、一度立ち上げはきわめて高い名声を受け、時計目利きの尊重、もっと各界人士と親しまファッションコレクター。今回展示オーデマピゲ表様々なジュエリーシリーズさんと集まったゲスト驚嘆万、その独特な技術と光る宝石をちりばめ、展覧会に彩りを添える。

オーデマピゲ表経典腕時計シリーズ展示区は更に多くの時計ファン流連荒亡、ここからを鑒賞することができると知って復雑表の背後の秘密。パネライコピーずっと浮かれタブ芸術によって無限創意や独自のビジョンを絶えず表壇に突破して、もっと復雑な機能の表の発展の上で、何度も創造サプライズ。オーデマピゲ表は今最多を誇る複雑な機能や技術の発明時計ブランドとして、復雑な表のリーダーと傑物。

オーデマピゲ表今回の展示会に続いて初北京やハルビンの展示会が終わった後、オーデマピゲ表を携えて傘下の全シリーズ製品が続々と上陸大連、上海の2つの都市。



前ページ: ルイ-ブレゲ多機能時計、乗りかかった船
次ページ: オーデマピゲ発表新型「楕円時間時計」概念紹介