ホーム >最新情報 >Jaeger-LeCoultre腕時計、必要に千時間シリーズテストを経て
Jaeger-LeCoultre腕時計、必要に千時間シリーズテストを経て

一項ごとに积家の時計も裏付けたタブ工房の専門技術と完璧な工芸。職人達、工程師、技師と技師が、汝穀核心地域のひとつ屋根の下、卓越性のビジョンを持っていて、手を携えてユニークな作品を作成する時計。

時計工場いち、300人の専門スタッフが各尽くす、力を合わせて、絶えず既存タブ領域を破る、年々高級タブファンにサプライズ。

芸術家の目には、言葉には、伝説の腕時計の中には、このようなことがあって、それは特に。踏襲积家の悠久の歴史を持って美しいビジョン、デザイナー大胆に自分の考えを現実化を実現し、明日への憧れを、巧みには過去、現在、未来融合。

を作成しなければならない1枚使用にひゃく悪賢い心数枚の部品は、その構造は極めて複雑な。設計図は100枚、2~5年間の努力:無事に任務を完成して、悪賢い心開発技師必要を全て把握時計原理。

ブルガリコピー腕時計部品製作の第一歩、材料の最も肝心なこと。工芸師は打ち込み、金属に輪郭旋削、タッピングとボーリングを行う。モジュールの生産は精密な分野を重んじ、一部の部品は非常に罰金、1週間の制作の総量は、指ぬき以内に置く。

有名なReverso反転腕時計ケースはごじゅう枚パーツ構成。8の工程の工程のの工程は塊状の金属原料を完全にする。制作、修飾や研磨工房で、スタッフよく検出肉眼気づかない傷を確保善を尽くし美を尽くすケース。

2019日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: 古尊ビジネス、慈善奨学貴州別部門留守児童
次ページ: ジローの腕時計、科学知識で製表製表業の進歩を推進する