ホーム >最新情報 >ジローの腕時計、科学知識で製表製表業の進歩を推進する
ジローの腕時計、科学知識で製表製表業の進歩を推進する

ラング表のすべてを世界各地から時計コレクターの人気は、比類のない絶妙タブ技術や高レベルの完璧な手作りや、ブランドの歴史と伝奇はラング盲に杖の勝利に利器。

2012年ご月じゅうに日ドイツフランクフルトで行われたDr . Crott第85回オークションでは、一枚の唯一無二の秘蔵ラング腕時計高揚落成約。この一枚プラチナ組み合わせトランペットケースと荘重ブラック文字盤のTOURBILLON「Pour le M E rite”では、初は1996年に発売したが、この1回のオークションには、人の舌打ち舌33万ユーロの高値で取引TOURBILLON、「PourたM E rite」プラチナバージョン腕時計だけの限定発行ごじゅう枚を、この一枚は第45枚。この指ラング貴重な腕時計のオークション記録より、当時このブライトリングコピー時計の小売価格の高い五倍。更新はラングTOURBILLON「Pour le M E rite」登場以来最高のオークションの記録。

费尔迪南多・アドルフ・ラング(に由来するそうだAdolph Lange)

费尔迪南多・アドルフ・ラング(に由来するそうだAdolph Lange)に近いドイツドレスデン・登(ドレスデン)のゲーラ苏蒂小城をSaxon精緻タブ工業。彼は1845年手創造ラングブランド。それぞれの1枚ラング、费尔迪南多なかったにはいささかの怠慢。ねじを決めるため黄金セットの桶に宝石ベアリング、靑鋼指針や镙糸、これらすべては当時のラング懐中時計を添えた多くの特色の飾り。手彫り摆轮合板はラング表を与えられた独特のスタイル。手彫りの摆轮板に伝統的な花模様はマスター手功で、だからこそ、一枚ずつをにじませて人のスタイル、彼らはすべてのユニークな逸品、一枚も変わって。まさにこの品質や手作りの完璧を追求し、ラング品質抜群の懐中時計だけではなく、見た目は優雅なので、ヨーロッパの貴族の中で高い名声を有し。

2019日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: Jaeger-LeCoultre腕時計、必要に千時間シリーズテストを経て
次ページ: オメガ(Omega)19482012クロノ設備の変遷