ホーム >最新情報 >北京時計エナメルムーブメント「かさなる影花」の鑑賞
北京時計エナメルムーブメント「かさなる影花」の鑑賞

エナメルの芸術珍品で従来とみなされて高貴な材質、デザインもエナメルを制白地、掐丝、くっつく糸、ワイヤ、釉薬、冶金、研磨、補釉、再焼結、再研磨など40の工程を完瞭する。エナメル上薬経十回800℃の高温焼成変化しだすきれいな色。完成品の玉のやさしい、ジュエリーに輝いて、骨の磁器の繊細で、最も魅力は以下に新しいはエナメルの釉を経て、千年も鮮やかに明るい。

エナメルの表面は一種の経典の贅沢な腕時計素材が、エナメルムーブメントの価値と表面の比では、解体の平面に比べると、内部パーツに制作掐丝エナメル、機械の機能を、高度な技術が要求、非凡な設計と組立難しい。

2007年、北京時計メーカーとして世に比類のない珍品、初の銀の白地掐丝エナメル添え木腕時計(主板の両面にエナメル)「かさなる影花」は、日本へバーゼル国際時計展出展。この件の創天下の先の稀代の珍、高複雑陀フライホイール悪賢い心、掐丝エナメル技術を結合させる庄生梦蝶、蝶飛花これ人を思いに千裏の経典の物語。深遠な中国文化コンテンツから、その世界初、細工が巧みでのプロセスを体現した中国時計師の知恵と革新的な精神。

最も理想的な効果を得るためには、「かさなる影花」の主板、添え木を並べ、条合板、板、时轮成形、大鋼ホイールセット、甚だしきに至っては針を採用して99 . 9%の白銀を作り、構成エナメルの図案の辺で0.04mm糸直径の黄金手作り素子制。整表複数のマスターと協力し、11ヶ月にわたってさっき完成、わずか完成銀白地掐丝エナメル部品、耗费白銀5740グラム、黄金百メートルぐらい。ブルガリコピー制作元計画三匹、工芸かなり難しいと、最終的には1匹の孤本生産。



前ページ: 伯爵腕時計:1874年に始まった仙人の坂の伝奇タブ物語
次ページ: 全面的なコメントフィリップ、ロレックス2017新品