ホーム >最新情報 >ホール共同製表製表人、新しい腕時計を発表
ホール共同製表製表人、新しい腕時計を発表

2016年さん月じゅうはち日、穴氏エナメル連合独立時計師FrankJutzi発表する同穴氏協力後初の枚作品を搭載しFrank腕時計、腕時計Jutziさんが独立研究開発を制作したハイエンドムーブメントと組み合わ穴氏エナメルの掐丝エナメル文字盤で、この枚腕時計の発表をマーク氏はエナメルで穴独立タブ領域のさらに。

Frank Jutziさんは腕時計を贈る手中国時計協会理事長张宏光さんの手で、中国時計協会汪孟晋主席、穴氏エナメル会長孔令俊さんとともに証人

Frank JutziさんはAHCI(独立タブ人協会)の時計大師、身をAHCIメンバーのFrank Jutzi Rudolf Steinerタブ学校を卒業し、その後の学徒実習と仕事の中で、彼は豊富なタブ(鍾)の経験。1985年、彼は自分の時計スタジオは、熱意を自分の学んだ投入アンティーク時計の修復には、ここからスタートした自分の独立生涯。もちろんFrank Jutzi満足だけでなく骨董時計の修理、時計の創作表現も同じ情熱になろうと決意を、自分の時計作品。彼は一番得意な作品は、透視機能の振り子時計、腕時計の制作の分野でも勝負強さを見せつけ、特に陀はずみ車の制作の上で、Frank Jutzi現れた彼はないユニークなデザインと優れた技術、独立タブ人の中で非常に重要な位置を占めている。

Frank Jutziさん

2015年穴氏は同Frankエナメルバーゼル表展Jutziさんとの協力、共同の生産やデザインの腕時計は、ロイヤルエナメル工芸とハイエンドスーパーコピー腕時計結合を構築し、ユニークな芸術腕時計。

今回発表した腕時計の文字盤設計は穴氏エナメル完成し、腕時計は中国の伝統的なイメージを主体として、「竜」と結び付けて海水フファフナーパフ画面の区別を描いて、従来の設計理念、今回の文字板デザインを採用したが抽象的な設計する風格、無論は巨竜は海水のラインもより洗練されて、それをさらに写意の描き出して巨竜の勇ましい姿。

2019日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: pebble今日発表新型スマート腕時計、紹介!
次ページ: 芝柏Place Girardet 225項の腕時計、OSAKA推薦!