ホーム >最新情報 >中国「軍用基準時」北斗の腕時計、深センに上陸
中国「軍用基準時」北斗の腕時計、深センに上陸

踏襲軍需工業製品の設計理念は、ムーブメント、衛星受信モジュール、連続使用さんヶ月の充電リチウム電池、時計の針とデジタルディスプレイなど多くの部品で、すべての圧縮にひとつの直径45ミリ、厚さじゅうろくミリのケースで、北斗衛星時計創で作った世界の第1匹の指針式衛星時報時計。2014年、中国北斗衛星時計に招かれ再び参加して中国(深セン)国際時計展の傘下の世代、二世代や最新の開発の3世代の製品は、今回の展示会で展示された北斗衛星ナビゲーション測位システム時報と分野の最新の応用をもたらした北斗衛星正確に基づく時報の世界の衛星時計猛士シリーズTA203。

新しい猛士シリーズTA203完璧な解釈した北斗ブランドの軍事係、その太く狂の形や強大なアウトドア機能、指先に軍需血統ながらより満足したファッションや運動ファンの多様なニーズ。それは十分に北斗家族を踏襲して特色を通じて、北斗2号衛星受信信号を実現し、衛星時報機能、腕時計の表示時間と標準時間に正確に同期して、同時にオリジナルの3 D測位技術を実現した腕時計を受信衛星信号実現経度、緯度、高度3 Dと位置づけ、突破した伝統的な時計の海抜の高さに測定気圧の影響を受けての制限を見せたユニークなもの。人工の心をこめて磨きのサファイア鏡面、解像度が、耐摩耗性;特有のチタン合金素材の応用が増すだけでなく、その利用の耐久度が、まただけその尊い品質。北斗猛士シリーズ同時に強大なアウトドア機能も備えた応用など、天気予報、航跡点記録、温度計、コンパスなど、令TA203シリーズ製品は最も豊富な機能を搭載。



前ページ: ショパン動物世界シリーズ18プラチナイルカ時計紹介!
次ページ: パテックフィリップ、通称「きらり」超牛懐中時計、最愛!