ホーム >最新情報 >OSAKA店舗、展示「水墨丹」セラミックエナメル時計
OSAKA店舗、展示「水墨丹」セラミックエナメル時計

2014年いち月ろく日午後、北京市政協文化センター、北京商新聞社主催の「水墨丹――孫晓武、張志国、孫佩杰書画作品展」の開幕式が北京でニュースのビルのホテルで盛大に行われ。孙晓斌、张志国、孙佩杰三位書画家は近年で活躍する首都書画界の実力派の書画家、今回の展覧を展示する彼らは近年大事に作られた水墨花卉、山水、書道の作品。

それ以外に、中国第一高級プライベートカスタムエナメル表ブランド――koncise穴氏、初と中国の著名な書道家张志国さんの協力の2項の陶磁器のエナメル表にも今回の開会式でデビュー。

张志国、1962年きゅう、く月北京に生まれ。現在、中国書道家協会の会員、北京の美術家協会の会員、北京書道家協会会員、北京史民俗学会副会長に。その何度もにて個展、作品は人民大会堂などの部門が収蔵し、何度も新聞や雑誌などのメディアを発表し、かつて出版『筆情墨趣――枚志国、張润楠』、『中国書画家、張志国』などの著書画集。

中国の伝統文化を伝承は巧みで完璧な工芸の穴氏エナメル、選択张志国さんが2枚の著名な書道作品『黄金荷』と『山の新雨后"は、瓷胎画エナメルのプロセスは、张志国さん書画に風土、自然の光景がマイクロ絵文字盤にまで、現在その深い、静かなる芸術世界とともに、さらにエナメル腕時計の内包を豊かにした、中国の時計は現代書画の芸術品の完璧な融合。



前ページ: 知能の腕時計の世界販売台数は500%増
次ページ: ブレゲ発売チタン薄型陀はずみ車5377腕時計