ホーム >最新情報 >ブランド誕生30周年、「シチズン アテッサ」から数量限定3モデル登場
ブランド誕生30周年、「シチズン アテッサ」から数量限定3モデル登場

1987年に誕生した「アテッサ」は、軽量で錆びにくく肌に優しい「チタニウム」を、ケースやバンドに本格的に採用。独自の技術により「スーパーチタニウム TM」へと進化を遂げ、またムーブメントも光発電エコ・ドライブへと進化。更に電波時計、GPS 衛星電波時計などの最先端の機能を取り入れてきた。


 新たに登場する3つの数量限定モデルは、漆黒の宇宙空間をイメージ。ブレスレットからケース、文字板へと光の流れを感じさせるデザインが特徴で、紺碧のブルーを用いた文字板は宇宙空間の淡い光を想起させる。いずれもケースやバンドに「スーパーチタニウム TM」を用い、独自の表面硬化技術「デュラテクト DLC」を採用。さらに上位2モデルでは、素材を硬質化する「デュラテクト MRK」を同ブランドに初めて採用した。裏ぶた中央に施された30周年マークが、コレクター心をくすぐるアイテムだ。


 搭載するムーブメントは「F900」(エコ・ドライブGPS衛星電波時計)、「H820」(世界4エリアの標準電波を自動受信するダブルダイレクトフライト エコ・ドライブ電波時計)、「F610」(エコ・ドライブ電波時計)の3種。「F900」を搭載した最上位モデルは、GPS衛星電波を、時刻情報のみの受信では世界最速“最短3秒”で受信するという高い性能を誇る。更にデュアルタイム表示やダイレクトチェンジ、クロノグラフなどの充実した機能は、グローバルに活躍するビジネスマンにおすすめだ。



前ページ: 「シチズン」ブランド初のトゥ―ルビヨン搭載、大丸松坂屋百貨店の記念モデル
次ページ: 直線液体レトログラード時表示、世界限定1本の「HYT」新作