ホーム >最新情報 >モンブランが2億円相当の万年筆を発表
モンブランが2億円相当の万年筆を発表

筆記具の王者モンブランが、威信をかけた「宝飾としての筆記具」を発表した。全身に燦然と光を放つダイヤモンドをまとった、日本円で2億円に相当する万年筆。モチーフに選ばれたのは、クモ(スパイダー)だ。


 クモは古来より、「執筆」という創造行為のメタファーである。例えば、珠玉の詩的言語で織り上げられた文学作品は、その精緻さゆえに「クモの巣のようだ」と表現される。また、古代ギリシャの詩人オウィディウスは『変身物語』でアラクネーを取り上げた。アラクネーとは、機織の才能に過剰な自信を持ったゆえの傲慢さを神に罰せられ、糸をつむぎ続けるクモに姿を変えられてしまった悲劇の女性である。これ以降、ダンテの『神曲』に彼女を元にしたキャラクターが登場するほか、18世紀後半から20世紀初頭にかけては、詩人のヴァレリーやマラルメ、随筆家のポンジュの作品に見られるとおり、繰り返し文学に登場するモチーフである。


 モンブランは1920年代に一度、クモをモチーフとした作品を発表しているが、ほぼ1世紀を経た2018年に再びスポットを当て、この「モンブラン ハイアーティストリー ヘリテイジ メタモルフォシス リミテッドエディション1」を製作した。万年筆は、繊細なクモの巣の美しさを写し取ったボディとキャップから、キャップトップ、ペン先に至るまで、ダイヤモンドの輝きで埋め尽くされた。


 写真はホワイトゴールドのモデルであるが、他にシャンパンゴールド、レッドゴールドのものもあり、それぞれに世界で各1点ずつ、合計3種が存在する。この希少なユニークピースを手にできる幸せな人は一体誰だろうか。

2018日本パネライコピー時計等を世界中の皆様に提供しております。



前ページ: ハミルトン「アビエーションウォッチ」エキシビションを開催
次ページ: レイモンド・ウェイルとバーニーズ ニューヨークのコラボモデル